2011年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:54 Aug 16 2011

中国が日本とEUを抜き、ASEANの最大の貿易相手国に

 インドネシア政府が先週土曜日に発表したデータによると、中国は日本とEUを追い抜き、ASEANの最大の貿易相手国となった。ASEAN諸国と中国の貿易総額は、2010年に2300億ドル(約17兆5000億円)に達した。うちASEAN諸国の中国に対する輸出高は、前年比39.1%増の1135億ドル(約8兆6000億円)に達した。ASEANの中国からの輸入高は、前年比21.8%増の1177億ドル(約8兆9000億円)となった。ロイター通信が報じた。

 ロイター通信の報道によると、ASEAN最大の貿易相手国は2008年まで日本であった。日本とASEAN諸国の貿易総額は、2008年に2117億ドル(約16兆円)に達した。中国は当時ASEANの第三の貿易相手国で、中国とASEANの貿易総額は1920億ドル(約14兆5000億ドル)であった。これはASEANの対外貿易全体の11%に相当する。

 インドネシア貿易省のシレガー次官は、土曜日に「ASEAN-中国 部長級会談」に出席した際、ロイター通信の取材に対して「中国は日本とEUを追い抜き、ASEANの最大の貿易相手国となった。ASEANと中国の貿易額の急増に伴い、ASEAN諸国で対中貿易赤字が生じている。インドネシアの2010年の対中貿易赤字は、47億3000万ドル(約3600億円)に達した」と表明した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年8月16日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古