2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:10 Aug 17 2011

日本人と「メイド・イン・チャイナ」

 中国の急速な発展に伴い、「メイド・イン・チャイナ」は世界中に広まり、各国の生活必需品となった。日本でも「メイド・イン・チャイナ」は各分野に浸透し、生活に欠かせない重要な一部分となっている。昨年4月に募集が開始した第6回日本人中国語作文コンテストでは、中国語を学ぶ日本人を対象に「『メイド・イン・チャイナ』と日本人の生活」をテーマにした作文を募集した。日本の人々は日本メディアとは異なり、「メイド・イン・チャイナ」に対して比較的客観的で公正な評価をしていることがわかる。「人民日報」海外版が伝えた。

 ▽切っても切れない関係  齋藤ひとみ

 日本経済は現在、稀に見る不況・危機に陥っている。このため、一般家庭では計画的に支出を抑え、何をするにもできるだけ節約し、無駄遣いをせず、皆倹約を心がけている。このような状況の中、中国製品はある意味で、日本人の生活を支えていると言える。中国製品はすでに日本社会の様々な分野に浸透し、しかも価格も安いため大衆から受け入れられている。着る服のタグにはほとんどに中国製と書いてある。スーパーの食品もほとんどが中国のものだ。 

 改革開放が進むに伴い、中国の政治・経済体制も新たな局面を迎えた。豊富な労働力市場と巨大な消費市場を持つ中国は、ほとんどの日本企業にとって魅力にあふれている。このため、日本で開発した商品を中国で生産するという方法は、日本企業の発展のすう勢となっている。中国製品は消費者だけでなく、製造メーカーも注目する焦点なのだ。

 一方の中国では、「メイド・イン・ジャパン」のパソコン、カメラ、ビデオカメラ、炊飯器などが質もよく、価格も安いとされている。実は、日本の電化製品の値段が下がり始めたのも、中国製品からの挑戦を受けているからなのだ。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古