2011年8月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:00 Aug 23 2011

上海鉄路局、高速鉄道の新ダイヤを発表

 上海鉄路局は21日、8月28日0時より、列車の新ダイヤを実施することを発表した。これに伴い、京滬(北京-上海)高速鉄道、滬杭(上海-杭州)都市間高速鉄道の列車本数が9本減らされる。うち京滬高速鉄道は7本減らすほか、最高速度は現行の350キロから300キロに減速し、二等車の乗車券価格が82元から78元に切り下げられる。国際金融報が報じた。

 鉄道局は8月16日に京滬高速鉄道、滬杭都市間高速鉄道の列車本数を24本減らしたのに続き、再度列車本数を減らした。京滬高速鉄道は、当初の73本から50本となった。

 上海鉄路局は、滬寧(上海-南京)都市間鉄道の高速列車本数は103本(時速300キロの高速列車が75本、寧波-上海間の在来線を運行する高速列車が5本、時速250キロの高速列車が23本)のまま調整なしと発表した。

 乗客のさまざまな需要に応じるため、鉄路局は第2弾の新ダイヤ実施後、京滬高速鉄道と杭州-深セン間高速鉄道の既存線で、高速列車を5本追加する。うち4本の寝台列車は夜間発車・早朝到着で、運行時間は11時間45分となり、1等寝台車の下の座席は32元減の698元となる。南京-北京南駅の運行時間は9時間8分となり、1等寝台車の下の座席は551元で、やや値下げされた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年8月22日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古