2011年8月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:46 Aug 23 2011

日系車が危機に直面 ブランドイメージ低下が一因

 今年上半期、日本のトヨタ自動車の自動車販売台数は371万台にとどまり、米ゼネラルモーターズ(GM)に約80万台の差をつけられ、世界一の自動車メーカーという栄冠を失った。同期のGMは米国市場と中国市場での需要の伸びに支えられて、販売台数が453万6千台に増加。トヨタはGMとフォルクスワーゲン(VW)に抜かれて世界3位となった。トヨタ不調の原因として、3月に発生した東日本大震災の影響だけでなく、リコールによるイメージダウン、既存の人気車種のリニューアルやバージョンアップに頼って新製品の開発が遅れたこと、北米市場で勝負に出て中国市場をおろそかにしたこと、などが挙げられる。これらの要因は日系車の集団的な危機を招く可能性がある。「北京晨報」が伝えた。

 自動車情報サイト・蓋世汽車網がこのほど行った日系ブランドに関する調査(回答者数1263人)によると、トヨタが上半期に販売台数世界一の地位を失った主な直接的原因は、3月の地震による部品供給チェーンの分断で、生産台数が減少し、在庫不足に陥ったことだという。製品の競争力が弱まったことも不振の重要な要因の一つだ。また2009年末に世界で大規模に行ったリコールのマイナス影響が消え去っていないことも、販売台数の伸びにストップをかけたという。

 今年はGMの伸びが好調だ。1-7月の中国市場での販売台数は前年同期比5.3%増加し、140万台を達成した。米国市場では147万7千台を売り上げ、前年同期に比べて増加率は15.6%に達した。昨年のトヨタの販売台数は841万8千台で、GMを2万台上回って世界一の座を維持した。だが今年上半期はGMがトヨタを約80万台上回り、両者の開きは過去6年間で最大となった。短期的にみて、トヨタがGMを追い抜くことは難しいといえる。

 トヨタだけでなく、日本を代表するもう一つの自動車メーカー・本田技研工業(ホンダ)も世界で大規模なリコールを行った。ホンダは今月8日、世界で249万台を回収し、中国市場では約76万台を回収すると発表。リコール台数はトヨタほど多くはないが、ホンダにとって250万台という数字は昨年の世界での販売台数の約70%に相当し、中国市場でのリコール台数76万は昨年の中国での販売台数65万台を上回るものだ。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古