2011年8月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:08 Aug 23 2011

「新婚姻法」は経済にプラスかマイナスか

 アリストテレスは「法律は情熱と無縁の理性」だと言った。結婚に関する法律の最新の司法解釈である「新婚姻法」がうち出されたことにより、熱い議論が戦わされるようになった。全国の娘をもつ母親たちはからかいの対象となり、結婚適齢期を過ぎた「剰女」が増えると予測する人があり、これからの女性は伴侶を捜すときに「潜在力を秘めた銘柄」に投資するようになると分析する人もいれば、女性は経済的にさらに自立するという声もある。「北京晨報」が伝えた。

 新婚姻法の登場により、一連の連鎖反応が必然的にもたらされることになる。娘をもつ母親たちは相次いで行動を起こし、不動産証明書に娘の名前を書き加えるために努力している。「剰女」たちは結婚に対する収益予測を引き下げ、投資も相対的に減らしており、結婚を選択しない人も出てきた。家庭か職業かとなれば、女性は後者を選ぶ傾向があるとみられる。こうした現象はすべて新婚姻法がもたらした影響であり、このほかにもさまざまな影響があることは間違いない。娘をもつ母親だけでなく、多くの人が新婚姻法によって仕事の利益が下がり、前途が思わしくないことを懸念しているという。その一方で、しっかりした仕事をもち、家と車を所有している女性だけでなく、多くの人が新婚姻報によって仕事の利益が上がったり、新たなビジネスチャンスをつかんだりしたことを喜んでいる。いささか不思議な感じがするので、かいつまんで分析してみよう。

 女性が経済的に自立したければ働かなければならず、専業主婦は減少するとみられる。また仕事をしたことのある女性は仕事への投資を拡大するとみられる。既存の家族構造が変化し、家庭での消費にも変化が生じるとみられ、こうして低迷する産業と隆盛になる産業が出てくることが予想される。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古