2011年8月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:12 Aug 26 2011

中国の民間企業上位500社番付 トップは華為

 中華全国工商業連合会は25日に北京で、中国民間企業上位500社の最新のランキングを発表した。売上高の1位は華為技術有限公司、2位は江蘇沙鋼集団有限公司、3位は蘇寧電器集団、4位は聯想持ち株有限公司だった。4社の売上高はいずれも1千億元を上回る。「人民日報」海外版が伝えた。

 ある分析報告によると、2010年には中国民間企業上位500社入りするために越えなければならない売上高のハードルが50億6千万元となり、2009年より14億元高くなった。今回トップの華為の売上高は1851億7600万元に上った。売上高が100億元を超えた企業は、前年の126社から220社に増えた。

 資産総額のトップは海航集団有限公司の2017億8700万元だった。資産規模が100億から1千億元の企業は143社だった。純利益のトップは華為の200億8500万元、2位は浙江吉利持ち株集団有限公司の139億1100万元、3位は恒大地産集団有限公司の80億2500万元だった。

 上位500社の中心は引き続き製造業企業で329社に上り、民間産業が「重厚長大」の方向へと発展する傾向がうかがえた。

 同分析報告によると、500社は利益や効率の面ですでに金融危機発生前の水準を回復しており、発展モデル転換で直面する最大の困難は原材料価格の高騰や人材不足などだという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年8月26日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古