2011年8月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:42 Aug 30 2011

「中国の発展経験は重要な参考例」世界銀行副総裁

 世界銀行のサンジャイ・プラダン副総裁は29日に北京で行われた国際発展協力能力建設シンポジウムの席で、中国の発展の成功経験は非常に独特なものであり、他の発展途上国はもとより国際社会全体に重要な参考例を提供するものであるとの見方を示した。また、中国と他の新興経済体は、他国と発展経験を共有しあう中でますます突出したはたらきをするようになっており、世界銀行が発展途上国との協力を強化する上での重要な注目点となっているとの見方を示した。「人民日報」海外版が伝えた。

 同シンポは商務部と世界銀行が共同で主催したもの。アジア、アフリカ、欧州21カ国の代表をはじめ、世界銀行、国際連合開発計画(UNDP)など4つの国際機関のトップクラス、専門家や学術関係者ら約100人が参加した。

 商務部の高虎城副部長(国際貿易交渉代表)の説明によると、中国は自国の発展に力を注ぐと同時に、他の発展途上国との間で自国の発展経験を積極的に共有している。中国の対外支援活動は「魚を与えるなら、漁を授けるのが最良の方法」との理念に基づいており、様々な支援方法によって被支援国自身が発展能力を高める手伝いをしている。

 また同部の傅自応副部長によると、能力の建設は中国の対外支援の重要な原則の一つであり、インフレ建設や設備支援であれ、技術移転や医療協力などであれ、常に能力の建設との関連を非常に重視している。国際社会が投資を増やし、重点を際だたせ、新たな方法を生み出し、協力を強化して、能力建設の水準をともに高めていくよう願うという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年8月30日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古