2011年9月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:08 Sep 02 2011

中国の富豪の数、2015年はアジアの半分に増加

 スイスの大手プライベートバンクのジュリアス・ベアが8月31日に初めて発表したアジア資産のレポートによると、中国の2010年の資産集中度はアジア太平洋地区で2位の0.05%となり、100万元以上の資産を持つ富裕層の数は50万人に達した。

 2015年には、中国の高額資産保有者(不動産を除く投資可能資産が100万ドル以上) は140万人に増加し、保有資産の合計額は8兆7600ドルに上ると予想される。つまり、5年後に中国の富豪の数はアジア太平洋地区の富豪総数の約50%、保有資産は富豪の総資産の55%を占めることになる。

 2010年にアジア10の経済体を対象に行ったサンプリング調査の結果によると、ジュリアス・ベアはアジアに116万1000人の高額資産保有者が存在すると推計。また、保有資産総額は5兆6000億ドルに上るが、これらの富豪の数が全人口に占める割合はわずか0.06%となっている。 中でも、資産集中度が最も高いのはインドとインドネシアで、富豪の全人口に占める割合はわずか0.02%だった。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年9月2日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古