2011年9月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:56 Sep 07 2011

当面の経済情勢は中国企業の海外進出に有利 商務部

 商務部、国家統計局、国家外匯管理局は6日に福建省廈門(アモイ)市で、「2010年度中国対外直接投資統計公報」を共同で発表した。それによると、昨年の対外直接投資は過去最高額に達し、世界5位になったという。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 商務部の沈丹陽報道官によると、中国の対外投資は発展ペースが速いものの、なお初歩的な段階にある。2010年末時点の対外直接投資総額は3172億ドルで、世界の投資フローの1.6%を占めるに過ぎず、米国の昨年の対外投資額をも下回る。

 沈報道官は「初期段階にあるため、成長の喜びもあれば悩みもある」と述べ、こうしたことはすべて発展過程で普通にみられる現象だとした。

 △課題よりチャンスが大

 現在、欧州連合(EU)主要国に広がる欧州債務危機の影響が、中国企業の海外進出の歩みを遅らせるのかどうかという問題について、沈報道官は次のように話す。国際金融危機が世界の投資に影響を及ぼすことは確実で、中国にも同じく一連のマイナス影響を与えるとみられる。だが全体としてみると、当面の経済情勢が中国企業の海外進出にもたらすものは、課題よりチャンスの方が大きい。

 沈報道官は課題よりチャンスが大きいと考える理由を次のように述べた。まず、市場にはなお需要があり、とくに合併買収(M&A)分野での需要がある。これと同時に、ここ数年の発展を経て中国企業の国際的な経営力と相対的な競争力が一層高まっている。さらに重要なことは全体的な経済発展戦略という角度からみて、中国政府が条件を満たした企業の海外進出の支援に力を入れているということだ。

 6日に発表されたデータによると、2010年に中国の対EU直接投資額は59億6300万ドルに達して前年比101%増加した。実際、欧州債務危機が発生する前の段階で、中国企業の対欧州投資は大幅増加の傾向を示していた。

 沈報道官によると、より多くの欧州国家の政府、企業、国民が、中国の投資が現地に経済成長の活力をもたらすだけでなく、現地の雇用も発展させている状況を目の当たりにするのに伴い、今後も中国の対欧州投資は急増傾向を維持するとみられる。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古