2011年9月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:09 Sep 08 2011

日本企業の東日本大震災関連の倒産が300件超に

 東京商工リサーチの調査結果によると、東日本大震災が発生した3月11日から8月末までに、地震関連の企業倒産件数は304社に達したことがわかった。負債総額は6024億円だった。現状を見ると、年末には地震関連の企業倒産件数は600件を超える可能性もある。

 1995年の阪神大震災では地震関連の企業倒産件数が300社を超えるまでに2年7カ月かかったのに対し、今回はわずか6カ月だったことから、東日本大震災の企業への影響の深刻さがうかがえる。

 地区別では、関東地区が最多の116社、次に東北地区が55社、中部地区が33社、九州地区が23社だった。都道府県別では東京が最多の59件で、北海道は28件で2位に並んだ。

 業種別では、宿泊業を含むサービス業と製造業がそれぞれ74件、建築業が54件、卸売業が46件、小売業が25件だった。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年9月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古