2011年9月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:53 Sep 08 2011

日本の経済復興、中国が救世主となるか

 日本新華僑報はこのほど発表した記事において、「米国と欧州を当てにすることができないため、日本は経済の重心をアジアおよび中国に移さざるをえない」と報じた。新興経済国にはブラジル、インド、ベトナムなど多くの国家があるが、近くの中国を避けて遠くの国との提携を強化すればコスト増につながり、日本にとって最良の選択ではない。野田佳彦新首相が中国との関係を上手に処理できるかが、経済復興の環境と将来に影響するだろう。米国ではなく、中国こそが日本の支援者と言えるのかもしれない。

 記事の要約は以下の通り。

 8月29日、民主党の新党首・野田佳彦氏が新首相に就任した。野田首相は内政・外交の課題に直面している。民主党内部の軋轢を解消できるか、与野党を率いて日本経済の復興に力を尽くせるか、世界各国からの厳しい試練に耐えうるか、政界と国民は野田首相の就任に期待を寄せている。

 野田首相が直面している3つの問題は次の通り。(1)財政悪化、経済復興の遅れ。(2)震災復興の課題、原子力発電所の方針。(3)円高、日本国債の評価格下げ等の国際市場からの圧力--。

 これらは主に、経済と関連している。元財務大臣の野田首相は経済に明るく、経済政策の作成にも参与していた。経済回復に向けた力強い政策と支出削減に関して、野田首相にも考えがあるはずだ。野党の自民党は今回、経済関連政策の国会通過を促すかもしれない。何といっても、今回の首相の任期はわずか1年なのだ。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古