2011年9月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:51 Sep 09 2011

ボーイング予測「中国の需要、20年で5千機」

 世界的な航空機メーカーであるボーイングはこのほど、2030年までの今後20年間で、中国の航空機新製品ニーズは5千機に達し、価格にして6千億ドルに上るとの予測を示した。「人民日報」海外版が伝えた。

 ボーイング民間航空機マーケティング担当のランディ・ティンセト副総裁によると、持続的で力強い経済成長、ますます増加する貿易活動、成長を続ける個人資産、市場自由化プロセスの進展が、中国の航空輸送市場の発展を推進する主な要因だ。年間旅客輸送量の伸びを7.6%とすると、中国は今後、航空機ニーズが旺盛な世界で二番目の市場になることが予想される。

 ボーイングの予測によると、今後20年間の世界の航空機新製品の需要は3万3500機、価格にして4兆ドルに上る見込みという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年9月9日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古