2011年9月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:00 Sep 13 2011

中国の投資増加は米国経済の再興にプラス

 米国商務省の関係者はこのほど、海外から米国に寄せられる投資の中で中国が重要な位置を占めているとの見方を示した。2010年までに中国の対米投資は累計60億ドルに上り、過去5年間の対米直接投資はその5年前に比べて53%増加し、中国は米国への投資の伸びが最も大きい国となっている。「人民日報」海外版が伝えた。

 米国経済が低迷する中で、海外からの投資導入が米国経済の再興にとって焦眉の急となっている。中国の対米投資の急増ぶりは、米国が債務危機の影響から脱出し、より多くの雇用を生み出し、経済の底から抜け出すのにプラスになるだけでなく、中国企業が目を海外に向け、広大な米国市場を開拓するのにもプラスになる。

 ▽米国市場は中国の投資を歓迎

 データによると、2010年の中国の対外直接投資は688億1千万ドルに上り、同年の世界の投資フローの5.2%を占め、日本と英国という伝統的な対外投資国を初めて抜いて世界5位となった。現在、中国の対外投資の範囲は世界178カ国・地域へと拡大しており、2010年末現在、中国の対外投資企業が海外で納めた税金は117億ドルに達し、海外で生み出した雇用は78万人に上り、対外投資の急速な発展が中国はもとより海外諸国にも巨大な利益をもたらしているといえる。

 米商務省の「セレクトUSAイニシアチブ」のバリー・ジョンソン主任理事によると、米国政府は海外からの投資がもたらす雇用を最も重視している。09年末までに、中国の対米直接投資により米国では1万人の雇用が生まれた。米国は中国の投資を歓迎し、最も開かれた態度で、中国企業の対米直接投資を奨励し、推進し、これに協力するという。

 清華大学経済外交研究センターの何茂春主任が取材に応えて述べたところによると、中国には現在、海外投資を行う力と増加を続ける投資ニーズがあり、これは米国の現在の経済外交や長期に及ぶ海外との協力ニーズにぴたりと合致するものだ。米国資本の対中投資であれ、中国資本の対米投資であれ、二国間の投資は順調に行われている。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古