2011年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:50 Dec 01 2011

中国企業の対米投資が急成長 日本を抜いて5位に

 米国商務省の高官バリー・ジョンソン氏は7日、福建省厦門(アモイ)市で開催された「中国国際投資貿易商談会」に出席した際、中国企業の対米投資が海外企業の中で最も早い成長を見せており、2010年の時点で投資額が累計60億ドル(約4620億円)に到達、同国で重要な位置を占めるようになったと語った。中国国営の国際ニュース専門サイト「国際在線」が報じた。

 ジョンソン氏は取材に対して「2005年から2010年にかけて、中国企業の対米投資は53%増加した」と指摘。

 中国商務部の陳?銘部長は「中国企業は現在、世界の178カ国・地域に対して投資を行っており、2010年までに中国対外投資企業の海外での納税額は117億ドル(約9010億円)に達し、現地で78万人の雇用を創出。国際投資協力の急速な発展は、中国だけでなく世界各地に多大の利益をもたらしている」とした。

 統計によると、2010年の中国対外直接投資の純額が世界全体に占める割合は5.2%で、688億1千万ドル(約5兆2983億円)に到達。始めて日本やイギリスなどの対外投資常連大国を抜いて世界で5位となった。

 「人民網日本語版」2011年9月13日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古