2011年9月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:26 Sep 14 2011

ホンダ 米で「パイロット」31万台をリコール

 日本の本田技研工業株式会社(ホンダ)は12日、前部座席のシートベルトに安全に関わる危険性があることから、2009年から2011年にかけて生産された「パイロット」31万773台を米国でリコールすると発表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 ホンダによると、問題の車は前部座席のシートベルトが接続部品の問題のために切断される可能性があり、乗っている人と運転している人が怪我をするおそれがある。ただこれまでに死傷事故の報告は出されていないという。

 ホンダは問題車両のオーナーに、通知を受け取ったら速やかにディーラーに引き渡して検査を行うようすすめており、検査にかかる費用は全額ホンダが負担するとしている。通知は10月上旬に送られる予定だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年9月14日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古