2011年9月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:09 Sep 16 2011

エズラ・ヴォーゲル、「中国は日本の発展から学ぶべき」

 【作者:エズラ・ヴォーゲル、ハーバード大学教授、フェアバンク東アジア研究センター前主任】

 私は1958年、米国の某大学の社会学博士課程を卒業した。卒業論文のテーマは「米国の家庭事情」だった。

 この論文をまもなく書き終える頃、ある教授に「米国社会を理解するには、外国に行って外国の社会を知り、比較研究しなければならない。外国との比較無しに、自分の国についてしっかりした文章を書くことなどできないだろう?」と言われた。教授は私のために海外留学の奨学金を申請してくれ、「近代化は比較的進んでいるが、米国と異なる文化を持つ国」に行くよう勧めた。

 そこで私は日本に留学することにし、約2年間滞在した。1年目は日本語を学び、2年目は家庭の調査を行った。ある小学校に頼んで日本人家庭を6世帯紹介してもらい、定期的に訪問したのだ。彼らは私にとても良くしてくれた。遠慮からではなく、心から良くしてくれたのだ。彼らと知り合ったのは50年代末だったが、今でも友人として家族ぐるみの付き合いを続けている。

 当時の日本の家庭は豊かではなかったが人情味にあふれ、互いに打ち解け合うことができた。私達は政治に関する話はせず、友人として付き合った。

 米国人はこういった日々のふれ合いを通じて日本人を見ることが多いが、中国人は抗日戦争時の残酷な「経験」を通して日本人を見ている人が多い。ゆえに米国人の日本人に対する印象は、中国人とは大きく異なる。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古