2011年9月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:07 Sep 20 2011

高速鉄道などの重要技術研究が監査対象に 科技部

 中国高速鉄道の重要技術の研究や装備の研究開発などを行う国の科学技術計画プロジェクトと重点実験室が、近く科学技術部による専門的な監査を受ける予定だ。同部がこのほど明らかにしたところによると、監査の対象になるのは、課題予算書、アウトバウンド経費予算書、経費会計計算明細帳、高額設備と大口材料の調達契約、専用経費による設備購入リストなど8種類の関連文書だという。「北京晨報」が伝えた。

 このたびの監査では、同部は会計事務所に業務を委託し、一部の国家重点実験室、国家科学技術計画プロジェクト(課題)請負機関および協力機関を対象として、2011年8月31日までの専門的経費の使用状況について監査を行う予定。

 監査を受ける機関には、北京大学の核物理・核技術の実験室、清華大学の生物膜(バイオフィルム)・成膜工程の実験室といった20カ所の国家重点実験室が含まれる。主管部門は教育部、中国科学部(科学アカデミー)、衛生部など。また中国高速鉄道の重要技術の研究や装備の研究開発、ブラックホールやその他の天体物理学の研究といった24件の国家科学技術計画プロジェクト、および130件の科学研究課題が対象になるという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年9月20日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古