2011年9月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:34 Sep 21 2011

大陸部富豪は平均年齢36歳 流動資産は100万元

 香港上海銀行(HSBC)がこのほど行ったアジア・太平洋地域の富裕層に関する調査によると、大陸部の富裕層の流動資産は一人当たり平均103万元に達した。富裕層の投資可能資産の平均額が100万元を突破したのは今回が初めて。また大陸部富裕層の平均年齢は36歳で、調査が行われたアジア・太平洋地域の8市場で対象国・地域の中で最も若かった。大陸部富裕層で投資を行っている人の割合は90%を超え、8市場で最も高かった。中国広播網が伝えた。

 今回の調査はHSBCが著名な市場調査・コンサルティング会社のニールセン・カンパニーに委託し、今年上半期にアジア・太平洋の8つの市場--大陸部、オーストラリア、香港、インド、インドネシア、マレーシア、シンガポール、台湾で行ったもの。アジア・太平洋地区の富裕層の投資行為や資産管理における嗜好への理解を深めるのが狙いだ。大陸部では50万元以上の流動資産をもつ人が調査対象になった。

 大陸部富裕層の平均流動資産は15万9253ドルで、人民元に換算すると100万元を超える(調査期間のレートで計算すると約103万元に相当)。大陸部富裕層の流動資産の配分は均整が取れており、半分に近い49%を人民元・外貨建ての預金とし、23%を株式投資に充て、8%をファンドに投入し、残りをストラクチャードファイナンス商品や債券に回すというのが平均的なスタイルだ。

 調査対象となった大陸部の富裕層の中心は、プロフェッショナルマネージャー、企業のトップ、各種の専門家、自営業者、企業のオーナーなどだ。大学本科(四年制大学に相当)以上の学歴をもつ人が74%に上り、結婚して子どものいる人が61%、共働きで子どものいないいわゆるディンクスが18%、独身者が20%となっている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年9月21日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古