2011年9月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:30 Sep 23 2011

モバイルインターネットが成長の新たな動力に

 米国IDGワールド・エキスポが主催する米アップル社の製品発表・展示イベントのマックワールド・カンファレンス・アンド・エキスポのアジア版となる第1回マックワールド・アジアが22日、北京の国家会議センターで開幕した。アップル社のグローバル産業チェーンの設備提供メーカー、川中や川下のソフトウエア・応用開発企業、販売ルートの代表、コンテンツ提供企業などが一堂に会した。同エキスポは米国では25年の歴史があり、世界的に有名なモバイル消費電子分野の一大盛典だ。アジアでの開催は今回が初めてとなる。

 あるデータによると、新興のアジア市場ではモバイル設備や応用製品の売上高が爆発的に伸びており、中国は世界でモバイルインターネット産業の集積度が最も高い地域の一つだ。IDGの創始者である熊暁鳩(ヒューゴ・ション)氏は、「今後10年間のグローバル経済の成長の動力はモバイルインターネットだ。中国市場は世界で最も人々の心を揺さぶる市場になる」と話す。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年9月23日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古