2011年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:39 Sep 26 2011

中国経済の短期的課題は物価上昇加速と資本大量流入

 国際通貨基金(IMF)国際通貨金融委員会(IMFC)第24回閣僚級会合が24日、米国の首都ワシントンで開催された。会合では、グローバル経済と金融市場の発展情勢や政策的課題、IMFの改革などが主な議題となった。中国からは中国人民銀行(中央銀行)の周小川行長(総裁)と易綱副行長(副総裁)が出席した。中国新聞網が伝えた。

 周行長は発言の中で次のように指摘した。

 前回の会合以来、世界経済の復興情勢は明らかに弱体化し、経済運営の低下リスクが強まっており、グローバルな協力の強化が急務だ。主要先進国は明瞭で信頼するに足る中期的な調整戦略を早急に打ち出し、市場の信頼感を獲得し、保護貿易主義を制止しなければならない。新興市場と発展途上国は引き続き構造調整を行い、経済成長の持続可能性を高めなければならない。IMFはグローバル経済が直面する主な問題点をしっかりとつかまえ、関連各方面に着実で実行可能な政策を提案し、グローバル経済・金融の安定性を維持しなくてはならない。

 また周行長は中国の経済情勢を紹介する中で次のように述べた。

 年初以来、中国経済は引き続き安定的で急速な発展傾向を維持しており、これまでのような政策による後押しを受けた急成長から自主的な成長への転換を秩序をもって進めている。貿易のバランスは改善され、通年の経常収支の黒字の対国内総生産(GDP)比はよりはっきりと低下することが予想される。現在から今後一定の期間にかけて、中国経済には力強い成長の動力が存在するとみられるが、短期的には急速な物価上昇や資本の大量流入といった課題に直面することが予想される。中国政府は今後、マクロ経済政策の方向性、強度、リズムをより一層しっかりと把握し、経済の安定的で急速な発展の維持、経済構造の調整、インフレ観測の管理という3点間の関係を適切に処理し、物価水準の基本的な安定を維持し、経済に大きな変動が生じることを防ぐ方針だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年9月26日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古