2011年10月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:35 Oct 08 2011

大陸部の金融機関 7割以上がM&Aを予定

 大陸部の金融機関のうち、75%以上が今後12カ月以内にM&A(合併買収)を予定している。プライスウォーターハウスクーパース(PwC)はこのほど発表した報告の中で、「中国は今後1年間、金融サービス業のM&Aにおいて『最も魅力的な地域』となるだろう」と指摘した。北京晨報が伝えた。

 調査結果によると、アジアにおける金融サービス業M&Aは今年から来年にかけて急増すると見られる。中国大陸部の回答企業の多くは本国から近い場所でのM&Aに興味を持っており、約6割が国内又は北アジアでM&A取引を行うと回答したほか、約4割が今後18カ月の間、アジアでの取引が主となると回答した。

 PwC中国金融サービス業M&Aサービスパートナーの盧玉彪氏は「中国の金融機関は、事業拡張に向けた強い願望を持っている」と語る。事業拡張には、投資銀行の買収および資本市場業務のほか、まだ協力パートナーのない都市商業銀行の買収も含まれるという。「欧州市場と米国市場の危機が、中国市場に大きな影響を及ぼすことはないだろう」。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年10月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古