2011年10月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:45 Oct 10 2011

辛亥革命100周年、熊本県荒尾市が中国人観光客誘致

 孫文を支援して辛亥革命を実現させた功労者・宮崎滔天の出身地である熊本県荒尾市は、辛亥革命100周年を機に、中国大陸部および台湾の観光客誘致を実施していく。現地の大学で留学中の中国大陸部および台湾の留学生が、モニターツアーの対象となった。日本新華僑報網が報じた。

 同市は9月27日-29日の3日間、九州大学などで学ぶ中国大陸部出身の留学生6人と、台湾出身の留学生2人を招き、モニターツアーを行った。

 留学生らは荒尾市や福岡県大牟田市等を訪れ、宮崎滔天が暮らした場所などを巡り、宮崎兄弟資料館を参観した。また世界文化遺産への申請を予定している万田坑、旧三井港倶楽部など孫文が1913年に立ち寄った施設を見学した。

 荒尾市観光協会の関係者によると、8人の留学生は荒尾市より、「荒尾観光親善大使」に任命された。同市はまた、観光協会の中国語・英語・韓国語版ホームページを開設し、荒尾市の自然・人文・歴史を宣伝していく。

 同活動に参加した中国大陸部の留学生の董瓊さんは、「宮崎滔天がいなければ、辛亥革命はこれほどの成功を収められなかったかもしれません。この1年間、辛亥革命という歴史に学び、中国と日本の友好に貢献できればと思います」と感想を口にした。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年10月10日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古