2011年10月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:10 Oct 12 2011

参考にすべき日本企業の経営理念

 何社もの日本企業を取材訪問した結果、日本企業の経営理念にはいくつかの参考にすべき要素があると思われる。以下にそれを紹介しよう。

 第一に、その理念が現実的なもので、その信念や方向性が固く揺るがないことである。トヨタ自動車がその典型的な例である。今、電気自動車が台頭し、その将来性が見込める時代になっているとは言っても、そのコストや技術、実用性、基礎的な設備などと言った面はいずれも従来の自動車より劣っている。そうした面が完備された時代が来るまでの過渡期に、ハイブリッドカーを推進していくことは現実的かつベストな選択であると言える。

 第二の特徴として、時代の流れに沿った組織運営が行なわれていることである。今、エコ・グリーン事業や情報産業に注力している日本は、この分野の先進国と見なされている。そのため、日本の企業はいずれも「地球に優しい企業」であることを誇大宣伝している。日本企業の発展にとって、環境負荷の低減に努める取り組みは欠かせないものとなってきている。創業以来、セラミック技術で名を馳せてきた京セラ株式会社も、多結晶型の太陽電池を、同社の将来を担う中核商品と位置付けている。

 第三に、市場の将来を的確に見通し、新興市場、特に中国市場への参入や事業拡大を進めていることである。日本企業にとって中国は海外市場進出の第一目的地となっている。中国市場参入を果たした企業はその事業および分野の拡大に暇がない。進出予定の企業は競うように現地視察を行ない、通訳者を雇い、中国市場参入のための基礎を築こうとしている。

 第四に、従来型の同族経営企業による弊害を一掃し、近代化された経営を推進するグローバル企業へと発展していることである。日本の大手企業の中には同族経営によって発展してきた企業が数多く存在する。経済のグローバル化に伴い、同族経営という束縛を破り、体制の改革に注力している企業も少なくない。例えば、パナソニック株式会社は従来の松下電器産業株式会社を社名変更しただけだが、創業者である「松下」の名が失くすことで、その改名の意図や効果は大きかったと言える。

 第五に、社会的貢献や現地の人材育成に力を入れていることである。社会的貢献度は、日本企業のイメージ作りに欠かせないバロメータになっており、また、成熟期に入った企業として周囲に認知させる効果もある。企業イメージの向上に努めることなく、利益だけを追求している企業は、その存在意義や価値を周囲に認めてもらうことは難しい。海外に進出した日本企業が現地スタッフを多数雇い入れる際、従業員教育を特に重視している。従業員の質を向上するために各種手段を講じ、現地従業員との良好な関係を築くための努力を惜しまない。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年10月12日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古