2011年10月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:03 Oct 12 2011

中国の中小企業、7割以上が今後6カ月間利益無し

 浙江省温州市でこのほど、何十社もの社長が夜逃げする事件が発生し、中国の中小企業の苦境に注目が集まった。
 
 北京大学国家発展研究院が10日、アリババ(中国)と共同で発表した報告によると、小企業の72.45%が今後6カ月間利益が全く無いか、又は小幅の赤字となる見通しと回答し、小企業の経営者が今、2008年の金融危機時よりも未来に対して悲観的な見方をしていることがわかった。北京晨報が伝えた。

 ▽企業の利益、今年は大幅下落

 北京大学国家発展研究院とアリババ集団は今年9月、珠江デルタの6県・市(広州、深セン、東莞、中山、仏山、江門)の小企業95社と銀行15行を訪れて調査を行ったほか、インターネットを通じて珠江デルタの小企業2889社に対するアンケート調査を行った。

 これらの企業のほとんどは売上高が3千万元以下、職員数が100人以下の企業だ。アリババ集団の胡暁明副総裁は、「中国小企業の代表とも言えるこれらの企業は強い生命力を持っているが、効果的な指導と融資による支援に欠ける。小企業の生命線はマイナス要素に徐々に蝕まれている」と語る。
データによると、今後6ヶ月間の見通しについて、「利益が無い」又は「小幅の赤字」と答えた小企業は72.45%にのぼり、「大幅な赤字」又は「廃業においこまれる」とした小企業は3.29%だった。

 事実、利益減少は小企業にとって今年最大の難題だ。統計によると今年、小企業の利益減少は深刻で、平均利益は昨年比30%から40%減となっている。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古