2011年10月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:41 Oct 14 2011

米の人民元切り上げ要求がスーパーに波及 (2)

 ▽中国製品、最高50%値上がり

 劉記者の話をスーパーも裏書きする。ロサンゼルスの中国系スーパー・大華超市の従業員によると、これまで1ポンド6ドルだった四川産のサンショウが、今では8ドルに値上がりした。1ポンド9ドルだった干しシイタケも12ドルに値上がりしたという。

 また多くの調味料やペースト類も値上がりした。四川省ヒ県のトウバンジャン、珠江橋ブランドのしょうゆなどは、すでに15%以上も値上がりし、中国製の魚の缶詰やタケノコの缶詰は、値上がり幅が50%に迫っている。

 同従業員によると、顧客の多くは現在、ベトナム系のスーパーや韓国系のスーパーで代替品を買い求めるようになり、大華超市の売上には大きなダメージだという。かつてロサンゼルスで飛ぶ鳥を落とす勢いだった中国系スーパーは、今やベトナム系、韓国系に追いやられる立場だ。

 ロサンゼルスに留学する中国人学生の胡伶テイさんは、最近いつもお腹が空いたと言っている。近所の中国料理レストランの料理のボリュームがぐっと減ったからだという。値段は5ドルで据え置きだが、量が少なくなったことがありありとわかるという。

 胡さんがレストランの主人に聞いてみたところ、主人は仕方がないという表情で、最近、中国産原料が値上がりしたため、料理のボリュームを減らしてコストを抑えるしかないのだと説明したという。

 このレストランの主人は取材に応える中で、今はコーラを1杯かミニサラダを1皿提供して料理のボリュームが減ったことによる損失を埋めるしかないと説明し、「今、中国人の経営するレストランは競争も激しく、どこも日々のやりくりに困っている。値上げしないのは確かに正しいことだが…」と述べた。(編集KS)

 *ヒ:「おおざと」に「卑」

 *テイ:「女偏」に「弟」

 「人民網日本語版」2011年10月14日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古