2011年10月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:39 Oct 17 2011

世界ブランド番付 自動車メーカートップはトヨタ

 「やせ衰えて死んだラクダはウマより大きい。」トヨタ自動車にとってこれよりふさわしい形容はない。ブランド戦略のコンサルティングやデザインを手がけるインターブランド社がこのほど発表した「2011年世界ベストブランド報告」によると、日本のトヨタ自動車は生産台数が減少したにもかかわらず、ブランド価値で自動車メーカーのトップに立った。ドイツの二大大手メーカーのメルセデス・ベンツとBMWがトヨタを猛烈に追い上げており、韓国のヒュンダイはブランド価値の上昇が最も急速だという。「広州日報」が伝えた。

 インターブランドは企業のブランド価値について3つの方面から評価を行っている。1つ目はブランドの製品やサービスの経済的な側面、2つ目は購入を決定する過程でブランドが果たす役割、3つ目はブランドがもつ企業利益の維持力だ。

 同報告によると、トヨタは世界ブランドランキングで11位となり、自動車産業でトップだった。ランク入りした企業ブランド上位100ブランドのうち、自動車メーカーブランドが12を占めた。

 トヨタはふたたび世界の自動車メーカーの中で最も価値あるブランドを擁する企業となった。同報告によると、トヨタは2010年のリコール事件でのマイナス影響を乗り越えて、ふたたび最も愛される自動車ブランドになった。2010年以降、トヨタの業績は6%増加し、現在のブランド価値は約278億ドルという。トヨタの順位は11位でベンツの12位を上回ったが、ブランド価値上昇ペースではトヨタは高級車メーカーのベンツやBMWをやや下回ったという。

 インターブランドは今年7月、トヨタが3Mとシーメンスを抜き、世界のベストグリーンブランドになったと発表した。またその他の自動車企業も環境保護分野で大きな成果を挙げており、グリーンブランドランキングの上位20ブランドのうち、6位にフォルクスワーゲン(VW)、7位にホンダ、11位にヒュンダイ、12位にBMW、16位にメルセデス・ベンツ、20位にフォードが入り、自動車ブランドが6つを占めたとした。

 米国三大自動車メーカーのうち、ランク入りしたのはフォード1社にとどまった。同社の打ち出す「ワン・フォード」戦略の市場的位置づけが認知されたといえる。

 韓国のヒュンダイのブランド価値は60億500万ドルで、ランク入りした11の自動車ブランドの中で市場での成長ぶりが最も急速なブランドとなり、市場成長率は19%に達した。2010年のランキングではブランド価値は50億ドル、順位は65位、市場成長率は9.3%で自動車ブランドとしては最高の成長率を記録し、世界の自動車産業の中でブランド価値の上昇が最も速いブランドとなった。日産自動車もブランド価値38億1900万ドルで、フェラーリを抜き、自動車の上位10ブランド入りを果たした。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年10月17日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古