2011年10月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:09 Oct 19 2011

サラリーマンの7割がCPIに給与の上昇が追いつかず

 国家統計局はこのほど、9月の消費者物価指数(CPI)が前年同期比6.1%上昇したと発表した。都市部サラリーマンを対象にしたネット調査では、7割以上がCPIの上昇に給与の上昇が追いつかないと回答している。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 調査によると、サラリーマンの消費支出は食品(27.5%)、住宅(21.1%)、子どもの教育(10.9%)が上位3位。1カ月の平均出費は2000元以下が全体の63.8%、2000-4000元が28.6%。

 物価上昇を最も強く感じるのは食品が46.6%、住宅が25.9%だった。「物価上昇を感じない」との回答はわずか1%、「物価上昇を感じ、生活レベルにも影響が出ている」は79%で、残り20%は「物価は上昇していると思うが、自分の生活レベルへの影響はない」を選んだ。給与の上昇スピードが物価上昇を上回るサラリーマンは17.3%、下回るサラリーマンは71.9%だった。

 調査を実施した人材会社「智聯招聘」の張勇氏は「社員への企業の評価が最も直接的に現われるのが給与だ。企業にとって給与調整の幅、タイミング、対象の選択は、いずれも重要な課題だ。サラリーマンにとっては、物価の変動、業界全体の給与水準の変化、企業の売上高や利潤と一致すると同時に、社員の価値を正当に反映する給与変動が理想的なはずだ」と指摘する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年10月19日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古