2011年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:02 Dec 01 2011

中国、昨年の電子商取引額は4兆5千億元

 中国の電子商取引額は昨年、4兆5千億元に達し、増加率はGDP伸び率の5倍に達した。今後5年間、中国の電子商取引産業は更なる発展をとげ、経済成長の新たな原動力となる見込みだ。中国広播網が18日に伝えた。

 中国のネットユーザーはすでに4億8千万人を超え、その3分の1以上がネットショッピング、オンライン決済、オンラインバンクなどを使用している。

 商務部の姜増偉副部長は「電子商取引の発展の勢いは今後も持続するだろう。第12次五カ年計画期間中、電子商取引額は保守的に見積もっても18兆から20兆元に達し、増加率は100%またはそれ以上となる見込みだ」と指摘する。

 電子商取引は現在、実体経済と深く融合しつつある。昨年、中国の中小企業におけるオンライン取引・オンラインマーケティングの利用率は4割を上回り、社会消費財小売総額の3.3%に相当した。姜副部長は、電子商取引の経済への貢献は今後も軽視できないとの見方を示す。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年10月19日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古