2011年10月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:09 Oct 20 2011

フォーブス、中国の都市の経営コストランキングを発表

 米フォーブス中国語版は19日、「2011年中国大陸部経営コスト最高都市ランキング」を発表し、中国大陸部の経営コストが高い上位25都市を発表した。うちトップ3は、上海、杭州、北京となった。京華時報が報じた。

 米フォーブス中国語版は、2010年のGDPが436億元(約5232億円)以上の大陸部の129都市を対象に調査を実施した。経営コストのランキングは、人件費、事務用地賃料、エネルギー価格、税収、企業の四険(養老保険、医療保険、労災保険、失業保険)負担といった、5つの指標から導き出したもの。上海は今年も中国大陸部で経営コストが最高の都市となった。各指標のうち、上海企業の四険負担はその他の都市に大きな差をつけ、事務用地賃料も北京に次ぐ2位となった。人件費がその他の都市と比べて大幅に上昇したことを受け、杭州は今年になり北京を抜き、経営コストが2位の都市となった。

 ランキングのデータによると、直轄市、計画単列市、省都等の大都市の経営コストは、今年も依然として高めである。中国の大都市において、経営コスト高は普遍的な特徴となっている。ランクインした都市の分布状況を見ると、東部の都市が依然としてコスト高の中心である。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年10月20日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古