2011年10月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:05 Oct 20 2011

米ドルの落とし穴、中国はいかに回避すべきか

 米国財務省が18日夜に発表したデータによると、中国が保有する米国国債は8月末現在、1兆1370億ドル(約87兆円)に達し、7月末の1兆1735億ドル(約90兆4000億円)から365億ドル減少した。単月で365億ドルの減額は、近年で最高額に達した。

 中央財経大学の郭田勇教授は、「全体的に見て、これは市場の正常な投資行為と言える。スタンダード&プアーズが8月に米長期国債を格下げしたことによる、市場の動揺とも関係している」と説明した。

 中国社会科学院世界経済と政治研究所国際金融室の張明副主任は、「中国の投資家は近年、短期国債を手放し長期国債を買い入れていた。今回の大幅な減額は、大量の短期国債が満期となった可能性もある」と指摘した。

 国家外国為替管理局の関係者もこのほど、「外貨準備高として米国国債を保有することは市場の投資行為であり、市場の状況に基づき調整をし購入・売却を行うことも、正常な投資行為である」と表明した。

 ◆米ドルの落とし穴を市場が警戒

 正常な市場行為とはいえ、前回の250億ドル以上の減額と同様、今回の記録的な減額も市場の注目を集めている。多くのエコノミストは、「この背景には、米ドルの落とし穴に対する市場の警戒が見え隠れする」と指摘している。

 エコノミストの余永定氏は文章の中で、「この20数年間、中国は経常収支と資本収益の残高を保持し続けており、外貨準備高の蓄積を招いた。ドル安によるリスクが増大する中、中国は米ドル資産の購入を迫られており、米ドルの落とし穴にはまりつつある」と指摘した。

 データによると、中国の現在の外貨準備高は3兆2000億ドルを超え、うち3分の2は米ドル資産の投資と購入に充てられている。ドル安の継続は、外貨準備高の価値を維持する上で一定のリスクを形成している。しかし米ドル資産はその他の資産と比較して、一定の安定性・流動性の優勢を持つため、米国国債等の米ドル資産の購入も、実際にはやむを得ぬ措置なのである。

 張副主任は、「中国が系統的・持続的に米国国債を手放しているという兆候はない。しかし中国は現在、ドル建ての外国資産を大量に保有しており、ドル安の際にリスクが生じる」と指摘した。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古