2011年10月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:26 Oct 20 2011

野村ホールディングス、GEの中国業務を買収

 野村ホールディングスはGE(ゼネラル・エレクトリック)の金融子会社GEキャピタルの中国部門、GEキャピタル・ファイナンス(中国)を買収する計画だ。報道によると本買収は、野村ホールディングスが中国金融サービス市場に進出する重要な合図である。野村ホールディングスは、日本最大の投資銀行・証券会社。中国経済網がブルームバーグの記事を引用し報じた。

 野村ホールディングスは長年に渡り、中国市場における業務強化を狙ってきた。本買収により、同社は人民元建て製品を初めて提供する見通しだ。

 野村ホールディングスは本買収に関して、中国銀行業監督管理委員会 (China Banking Regulatory Commission)の批准を待っている。関係者は、「本買収が批准されれば、野村ホールディングスは上海に本社を置くGEキャピタル・ファイナンス(中国)を銀行に変える申請を行うだろう」と表明した。

 外資系銀行はこれまで中国業務の開拓に取り組んでおり、特に高い利益を得られる証券取扱業務が注目を集めている。ゴールドマン・サックスは、「中国は2030年までに、米国を抜き世界最大の証券市場となる」とまとめている。

 本買収の資金総額は明らかにされていない。ブルームバーグの報道によると、本買収は野村ホールディングスがアジア太平洋市場を開拓する上で、重要なステップとなる。

 GEキャピタル・ファイナンス(中国)はGE傘下の金融サービス企業である。同社は現在、中国で9つの事務所と150名以上の金融アナリストを確保しており、商業用不動産の賃貸や短期融資等のサービスを主に提供している。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年10月20日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古