2011年10月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:05 Oct 21 2011

来年第1四半期の中国貿易見通し厳しく 商務部

 商務部の沈丹陽報道官は19日、定例記者会見で、来年第1四半期の貿易は相当厳しくなるとの見方を示した。

 沈丹陽報道官は会見で、「国内外の環境の変化、とりわけ我が国の貿易に影響を与えるリスクの増大により、今年の第4四半期と来年、とくに来年第1四半期の貿易は相当厳しいものとなる」と述べた。また、2011年全体の見通しについて、「コストや人民元の上昇などの要素を総合的に考慮すると、今年の貿易は通年で『前高後低』の様相を呈する見込みである」との見解を示した。

 沈丹陽報道官は、9月の貿易黒字の縮小について、「想定内だった」と明かした。今年1月-9月、対外貿易規模が拡大する中、中国の貿易黒字は縮小。貿易総額に占める貿易黒字の割合は4%前後、GDPに占める割合も2%前後と、ともに大幅に減少した。これは中国政府が貿易の均衡化整に積極的に取り組んでいることを示している。したがって、中国の貿易黒字が巨額だとして、中国に対し圧力をかけるのは妥当ではない。

 商務部は今後、輸出税還付や輸出信用リスクの保障、人民元レート、人民元建ての貿易決済、貿易の利便化など輸出関連政策の安定に努めると同時に、既定の発展目標実現に向けて輸入拡大や貿易発展モデルの転換に積極的に取り組むとしている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」より 2011年10月19日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古