2011年10月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:02 Oct 25 2011

中国で働く外国人社員、社会保険加入を義務化

 『中国国内で就業する外国人の社会保険加入に関する暫定方法』がこのほど正式に実施された。中国人力資源・社会保障部の統計によると、昨年末現在、『外国人就業証』を保有し中国で働く外国人数だけでも、23万人を超えた。在中国大使館、外国商会、外国人社員の雇用が多い中国・外国企業、外国人社員の注目を集めている。

 一部の機構と外国人は、「中国で働く多くの外国人社員は、本国の法律に基づき(もしくは自主的に)社会保険に加入している」と意見を寄せている。これらの外国人社員が、中国でも社会保険の加入を要求されれば、保険料を二重に支払うことになる。

 中国人力資源・社会保障部の責任者は、「その国で働く外国人社員に国民待遇を与え、その国の社会保険から得られる権益を保障し、同時に企業・社員の保険料の二重支払いを避けるため、世界では双方もしくは多方による協議を通じ、政府間の社会保険合意書(相互の保険料免除条項を含む)を締結し解決を図るのが一般的だ」と説明した。中国政府は2001年にドイツと、2003年に韓国と社会保険相互協定を締結し、相互の駐在員の特定社会保険費用の相互免除について規定を設けた。これらの合意内容は締結後、順調に実施されている。『社会保険法』、特に『暫定方法』の発表後、一部の国家(日本、ベルギー、フランス等)は中国に対して、社会保険相互協定により保険料の二重支払いを防ぐよう提案している。中国側も積極的で、関連国の政府と社会保険料の相互免除に関する協議を計画・推進している。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古