2011年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:57 Oct 26 2011

経済成長ペース鈍化も雇用は好転 3つの観点

 人力資源・社会保障部の尹成基報道官が25日の記者会見で述べたところによると、今年1-9月には全国の都市部で新たに994万人が就職し、通年の目標値900万人を110%達成した。都市部の失業者で新たに就職した人は436万人に上り、目標値の500万人を87%達成した。また就職困難者で就職した人は139万人で、通年の目標値100万人を139%達成した。第3四半期(7-9月)末現在、都市部の登録失業率は4.1%で、第2四半期(4-6月)の水準を維持した。

 就職状況は経済情勢と密接な関係がある。年初以来、中国のマクロ経済は下向きで、第3四半期には国内総生産(GDP)成長率が目立って鈍化した。だが第1-3四半期(1-9月)の就職状況はマクロ経済の影響を受けず、ゆるやかに好転さえした。これはなぜだろうか。

 尹報道官は、中国の雇用情勢を判断し、把握する上での主な観点として次の3つを上げた。

 (1)中国経済の基本的な運営状況は健全

 経済構造の調整と経済発展方式の転換による経済成長ペースの鈍化は、マクロ調整や構造調整の実施に際して予測されたことだ。GDP成長率は鈍化したが、それでもなお速いペースを保っており、雇用の増加を支える役割を果たしている。

 ここ数年来、中国は社会経済の発展において包容力ある成長を実現することを打ち出しており、一定の経済成長ペースを維持した上で、雇用の増加や労働者の給与の伸びを一層重視し、これを促進する姿勢を打ち出している。ここでいう雇用の増加とは質の低い雇用の増加ではなく、給与水準の上昇を伴う雇用の増加だ。今年9月末現在、北京市、天津市、山西省などの21省・自治区・直轄市で最低賃金の基準が相次いで調整され、平均増加率は21.7%に達した。現在、月給ベース最低賃金が最も高いのは広東省深セン市の1320元、時給ベース最低賃金が最も高いのは北京市の13元だ。2011年度給与指導ラインを公表した省・自治区・直轄市は25カ所に上り、給与の伸びの基準ラインは14%以上としたところが多い。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古