2011年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:07 Oct 26 2011

トラブル続きの多国籍企業、中国の対応はより冷静に

 これまでずっと中国で崇拝されてきた欧米ブランドが、最近にわかに「トラブル続きの秋」を迎えている。グッチの従業員虐待事件、シーメンスの冷蔵庫事件、ウォルマートのブタ肉事件など、枚挙にいとまがない。「国際先駆導報」が伝えた。

 欧米ブランドも不思議がっていると考えられる。これまでずっと忘れっぽく、欧米ブランドをすぐに放免してくれていた中国の消費者が、なぜ今のように厳しくなったのか。もうごまかしは利かないのか、と。中国の消費者はこれまで「欧米崇拝」だったが、今はそうではない。

 問題ある多国籍企業の行いは、いってみれば目新しいものではない。たとえばウォルマートは、中国市場で罰を受けてはまた罪を犯し、罪を犯してはまた罰を受け、たびたび罰を受けても行いを改めず、先進国での「善良な企業市民」的イメージとは大きくかけ離れたことをしてきた。

 実際、多国籍企業が中国市場でしっかり責任を取らないケースはしばしばみられる。中国社会科学院(社会科学アカデミー)が発表した2010年版「企業の社会的責任青書」によると、2010年の外資系企業の社会的責任指数は8.1ポイントで、中国の民間企業の13.9ポイントや国有企業の28.9ポイントを大幅に下回った。

 だが旧態依然とした多国籍企業の姿勢が、規範化の進む中国市場に釣り合わないものとなってきた。消費者が欧米ブランドに改善を求めるケースもしばしば発生している。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古