2011年10月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:24 Oct 27 2011

ボーイング787、安全性に問題? キャンセルも

 ボーイング社の次世代中型ジェット機「ボーイング787」は引き渡しが相次いで行われているが、米国政府監査院(GAO)が24日に発表した調査報告の中で指摘したところによると、同機は翼部分に使用された複合材(炭素繊維素材)に安全に関わる4つの問題があり、運航とメンテナンスに影響があるという。「科技日報」が27日伝えた。

 同機の初めての引き渡し先となった日本の全日本空輸(ANA)は22日、同機はもともと22日に旅客を乗せた運航をスタートする予定だったが、運航訓練中に落雷に遭ったと発表した。

 ボーイングは最近、中国市場でも返品の憂き目に遭っている。中国東方航空は同機24機の導入をやめ、「ボーイング737NG」機45機に切り替えると発表し、中国南方航空からも787機の受け取り延期の情報が伝わってきた。

 ▽安全に関わる4つの問題

 GAOのボーイング787に対する審査報告によると、同機には安全に関わる4つの問題が存在するという。機体に使用された複合構造の活動状態に関する情報の不足、この複合材の特異性による技術的問題、メンテナンス基準の制定、関連の人材育成・メンテナンスセンターの増設の問題、の4点だ。

 同報告によると、GAPは安全性に関わるいくつかの問題については、同機が正式に運航サービスを開始した後でなければ、既存の予防措置で十分かどうかを確定することができないとの見方を示す。同機は機体に炭素繊維素材が使用され、従来機とは異なるため、メンテナンスでは特別な処置が必要になる。複合材で製造された航空機には独特で複雑な問題が生じる可能性があるため、現時点ですべての可能性ある問題を考慮することを保証しなければならない。

 現在、同機は世界から800機の注文を集め、これまでで最も売上ペースが速い新型航空機となっている。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古