2011年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:58 Dec 01 2011

中国人民銀行、3年物の手形発行を一時停止

 温家宝総理が「マクロ政策の進行に関する事前調整と微調整を、適時・適度に実施する」と表明したことを受け、中国人民銀行は27日、3年物の手形発行を一時停止した。これは主に中国人民銀行がヘッジングを弱めるためと見られ、金融政策微調整の明らかな信号ととれる。新京報が報じた。

 中国人民銀行は27日、公開市場で3月期手形を10億元(約120億円)発行し、発行利率は同水準を保った。3年物手形は発行開始から2週間後、発行を一時停止した。3年物手形の発行停止の状況下、中国人民銀行の公開市場における純収益は今週、190億元(約2280億円)に達した。中国人民銀行が公開市場で純収益をあげるのは、これが2週目となる。

 先週、中国人民銀行が発行した3年物手形の利率は、15カ月ぶりに切り下げられた。これは金融政策の緩和に関する信号であると見られていた。その後、温家宝首相は「事前調整と微調整を、適時・適度に実施する」と発言した。今回の3年物手形の発行停止を受け、金融政策の緩和に対する期待が高まっている。

 興業銀行の魯政委・首席経済学者は、3年物手形の発行を一時停止したことは、微調整に当たらないと指摘した。つまり現在は金融政策を全面的に緩和化していないが、その流れが形成されつつあるということだ。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古