2011年11月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:05:22 Nov 01 2011

中国のシルバー産業規模、1兆元を突破

 ChinaVenture(投資中国)集団の報告によると、高齢者の急速な増加により、中国では、シルバーサービス業界、不動産業者、保険会社など様々な業界がシルバー産業に目を向け始めているという。しかし、中国の高齢者の低い消費水準とシルバー産業の市場化の遅れなどにより、シルバー産業のビジネスモデルは未だ模索段階にある。

 1兆元市場が各種資本の標的に

 このほど発表された『中国シルバー事業発展十二五計画』によると、2011年から2015年までに、中国では60歳以上の高齢者が1億7800万人から2億2100万人に、高齢者の人口比率も13.3%から16%に増加する。国連の定義では、高齢化率(65歳以上の人口が総人口に占める割合)が10%以上を「高齢化社会」、14%以上を「高齢社会」と呼ぶ。中国は今後1年から2年以内に「高齢社会」に突入する。

 中国高齢者協会のデータによると、2010年の中国高齢者の消費需要は1兆元を超え、2050年前後には5兆元に達するという。現在、どの業界もこの巨大な市場への参入機会をうかがっている。さらに政府の出した政策もそれら企業の参入を後押ししている。

 現在のところ、シルバー業界に参入する企業はシルバーサービスセンターの建設を行う不動産業者が集中している。ChinaVenture(投資中国)集団によると、シルバー産業への投資が活発な業界は、高齢者サービス会社、不動産業者、保険会社などだという。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古