2011年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:06 Nov 02 2011

外国人による米国住宅購入、中国人の比率が2位

 米国の下院議員2名はこのほど、「米国で50万ドル以上の住宅を購入した外国人を対象に一時居住ビザを発給し、低迷する米国住宅市場の活性化を図る」とする議案を国会に提出した。中国証券報が報じた。

 全米住宅業者協会(National Association of Realtors、NAR)による「2011年国際住宅購入活動」調査報告書によると、中国人の住宅購入者は今年、米国の住宅価格低下を狙い積極的に購入に動いており、外国人購入者数の9%を占め、カナダに次ぐ2位となった。

 ◆中国人による米国住宅購入額が73億8000万ドルに

 同報告書によると、2011年3月までの1年間、外国人購入者の米国における住宅購入額は前年比160億ドル増の820億ドルに達した。

 これら外国人購入者の出身国は70カ国にのぼり、トップ5は順にカナダ、中国、インド、メキシコ、英国で、全体の53%を占めた。

 うち中国人購入者は、2007年の5%から9%に急増し、購入額は73億8000万ドルでカナダに続いた。これは全米住宅購入総額1兆700億ドルの0.69%に相当する。

 同報告書によると、米国人の住宅購入平均価格は21万8000ドルで、外国人は31万5000ドルに達する。同協会は中国人購入者に関する具体的な資料を公開していないが、大まかな計算によると、中国人購入者は1年間で2万3000軒以上の住宅を購入していることになる。

 今年は外国人購入者の低価格住宅に対する需要が旺盛で、約45%の外国人購入者(2007年は28%)が20万ドル以下の住宅を求めた。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古