2011年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:45 Nov 02 2011

北京の外資系銀行、資産総額が約10年で12倍

 北京市銀行業協会が明らかにしたところによると、北京市における外資系銀行の発展はここ10年間で加速している。2010年末の時点で、北京市の外資系銀行の資産総額は3389億3700万元、各種預金残高は2386億2500万元、各種貸付残高は1659億6800万元に達し、北京における外資系銀行の資産総額は2000年の約12倍となった。京華時報が伝えた。

 銀行業協会の担当者によると、外資系銀行はここ10年、北京での投資を増加し、各種経営管理人材を増やし、北京拠点の経営意思決定・リスク管理機能を拡大し続けている。2010年末の時点で、外資法人銀行は7行、外資系銀行の分店は38行、支店は47行、事務所は73カ所となっている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年11月2日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古