2011年11月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:13 Nov 04 2011

中国有人宇宙計画、国民経済の発展を促す

 神舟8号天宮1号のドッキングが成功した。これは中国有人宇宙飛行プロジェクトの重要な一歩を示し、「3段階の発展戦略」の第2段階に入ったことを意味する。ところが現在、中国有人宇宙飛行計画の発展に対して、疑問が投げかけられている。新華網が伝えた。

 有人宇宙飛行プロジェクトが国民の生活に役立つのか。巨額の経費は合理的か。現実問題が未解決であるにも関わらず、宇宙事業に力をそそぐのは実質的なやり方でなく、政治的なメンツが絡んでいるのではないか。

 中国の有人宇宙飛行プロジェクトは精神的な力は当然ながら、現実から離れたことは一度もない。

 ▽宇宙事業の発展は、ハイテク技術の発展を促す

 有人宇宙飛行プロジェクトと関連するハイテク産業はさまざまである(近代力学、天文学、地球科学、宇宙医学、宇宙科学等)。一連の技術課題に取り組むプロセスにおいて、さまざまなハイテク技術のレベルアップが促され、中国の各科学技術の発展を推進しているのだ。

 中国有人宇宙飛行プロジェクトの王永志高級顧問は、「これらの分野のハイテク技術は、他の国から買うことができない。科学技術の実力は、一つの国の総合的実力を形成する重要な要素である。ハイテク技術の成果は、自身の力によってのみしか得られない」と指摘した。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古