2011年11月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:31 Nov 04 2011

「iPhone4S」11日に香港で発売

 米アップル社は1日、高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」の最新機種「4S」を今月11日から香港や韓国など13の国と地域で販売すると発表した。4日から予約を受け付けるという。南方都市報が伝えた。

 ▽第二弾販売地域に中国大陸部なし

 アップルの公式情報によると、4Sはこれまで29の国・地域で発売されており、11日には第二段としてアルバニア、アルメニア、ブルガリア、エルサルバドル、ギリシャ、グアテマラ、中国香港、マルタ、モンテネグロ、ニュージーランド、パナマ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、韓国の15カ国・地域で発売される。大陸部での発売予定はまだない。

 香港の各販売業者はいずれも具体的な予約価格を公表していないが、これまでのiPhone新機種の香港発売価格から予測すると、16Gバイトモデルは5千香港ドル前後(約4100元)になるとみられる。

 4Sは過去3日間に29カ国・地域で400万台以上を販売し、アップルの歴史の中で最も売れ行きが速い携帯電話となった。米国で「2年縛り」のサービス契約を結んだ場合、本体価格は16Gモデルが199ドル、32Gモデルが299ドルになる。

 前機種の「iPhone4」は生産停止の可能性があるため、現在、世界各地で供給不足が続いており、中国国内での現物価格も上昇の一途をたどり、香港のアップルストアでもなかなか手に入らなくなっている。このため業界では4Sが販売され、価格が適正であれば、即時完売の可能性が非常に大きいとの見方が広がっている。

 為替相場要因を考慮し、人民元建てで計算すると、香港はかねてよりiPhoneの小売販売価格が世界で最も低い地域の一つだ。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古