2011年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:26 Dec 01 2011

三菱重工 蘇寧電器と合弁会社を設立、販売ルート拡張へ

 家電業界の大規模な提携が実現した。蘇寧電機と三菱重工はこのほど、中国大陸部市場での家庭用エアコンの販売とアフターサービスを担当する合弁会社を設立すると共同発表した。国際金融報が報じた。

 中国電子商会の陸刃波副秘書長は、「家電販売ルートの多様化という業界内の事情を反映した今回の提携は、蘇寧と三菱に相互利益をもたらす。しかし客観的に見て、今回の提携方式が中国家電市場の主流となることはなく、その他の家電メーカーに大きな衝撃を与えることもない」と指摘した。

 ◆方式の転換

 三菱重工が株式の多くを保有し、蘇寧も一部を保有する新合弁会社「菱重家用空調系統有限公司」は上海に本部を置き、2012年1月1日より正式に営業を開始する。双方の具体的な投資額と持株比率については公表されていない。一部メディアは関係者の発言として、「蘇寧の持株比率は約10%」と報じている。

 情報によると、双方は蘇寧電器の本部がある南京に研究開発センターを設立し、三菱重工の製品ラインナップの充実化につなげる。特に蘇寧電器を通じて三、四級市場の消費情報を共有し、現地消費者のニーズに合わせた製品を研究開発する。

 陸副秘書長は、「双方は、総合的な技術力を持つ製造メーカーと大型家電量販ルートを結びつける提携方式により、伝統的なマーケティング方式の変革を目指している。この方式は、国美電器や蘇寧電器等の家電量販店が採用する各メーカーの商品を同じフロアに並べる方式とも、1社のメーカーと一手販売関係を結ぶ方式とも異なっている」と説明した。

 一手販売方式と異なる点について、同氏は「法律的に、新合弁会社は販売ルートをさまざまな売場まで拡張することができる。それが蘇寧電器の競合他社であってもだ。相手側に受入の意思があれば、かつての一手販売方式による単一ルートのみにとらわれる必要はない」と述べた。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古