2011年11月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:17 Nov 09 2011

チャイナユニコム、11日に「iPhone4」8Gモデル発売

 中国聯合通信集団有限公司(略称:中国聯通・チャイナユニコム)は8日、今月11日に多機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone4」(アイフォーン4)の8G(ギガバイト)モデルを発売すると発表した。本体価格はアップルの公式販売価格より89元安く、契約プランには新しく3年間契約が加わるという。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 聯通は11日から聯通の販売ルートを総動員してiPhone4を3999元で売り出すとしている。また一定額の通話料をプリペイドすると端末をプレゼントしたり、端末を購入すると通話料をプレゼントしたりするキャンペーンも打ち出す予定という。これまでiPhoneの契約プランは2年が最長だったが、今回の廉価版iPhone4では1年、2年、3年の3種類の契約プランがある。利用者が通話料4999元をプリペイドし、3年間の使用を承諾し、毎月の基本使用料が186元のプランを選んだ場合は端末価格が0元になる。また2年間の使用を承諾し、基本使用料286元のプランを選んだ場合や、1年間の使用を承諾し、基本使用料586元のプランを選んだ場合も、端末価格は0元になる。聯通によると、こうしたキャンペーンは年内いっぱい続ける予定という。

 アップルの中国公式サイトではiPhone4の価格は4088元となっており、聯通がこのたび打ち出した価格より89元高い。こうした現象は聯通とアップルとの協力過程では初めてのことだ。中関村市場の現物市場では、iPhone4の8Gモデルが4100元から4300元の間で売られている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年11月9日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古