2011年11月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:36 Nov 10 2011

チャイナ・テレコム、米国市場でワイヤレスサービス提供へ

 チャイナ・テレコム(中国電信)は来年初頭、米国市場で自社ブランドのワイヤレスサービスを提供する。サービスの対象者は、中国と米国を定期的に行き来する米国籍の華僑、学生、観光客などだ。ブルームバーグが報じた。

 チャイナ・テレコム米国分公司の譚亦軍総裁は、「当社は米国消費市場への進出を予定している。現在、米国現地の提携先の候補を選定しており、近日中にうち1社のモバイルネットワークを選択する」と語った。その提携先の候補について、同氏はコメントを控えた。同氏はまた、「米国でワイヤレスサービスを打ち出した後、将来的には買収や自社構築により、自社ブランドのワイヤレスネットワークを確保する」と明らかにした。

 6月末現在、チャイナ・テレコムの流動資産は計96億ドル(約7390億円)に達し、うち現金は40億ドル(約3080億円)に達した。

 譚総裁は、「当社は事業買収により、伝統的な電話サービスの強化を検討している。また数億-数十億ドルを投じ、米国市場で固定電話ネットワークの買収をする可能性がある」と表明、さらに「ワイヤレスサービスは、当社が来年展開する、最大の計画の一つとなる。チャイナ・テレコム最大の海外子会社として、当社は米国企業に10年以上に渡りサービスを提供している(主に中国向けのブロードバンドサービス)」と語った。

 同社は現在、ロサンゼルス、シカゴ、ニューヨーク等の中国人が集まる各都市に、視線を転じている。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年11月10日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古