2011年11月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:03 Nov 10 2011

国連グローバル・コンパクト 中国200企業が署名

 国際連合(国連)の潘基文(パン・ギムン)事務総長は8日、米国・ニューヨークの国連本部で、中国企業に対し、自身の社会的使命を履行し、社会の持続可能な発展をともに推進し、グリーン成長という目的を実現するよう呼びかけた。「人民日報」海外版が伝えた。

 潘事務総長は同日、「中国企業家倶楽部」の代表団が主催した昼食会に出席してスピーチを行い、次のように述べた。

 経済の持続可能な発展と社会利益の共同の向上とを目指して国連が提唱した「グローバル・コンパクト」(GC)は、すでに200社以上の中国企業が署名を行っているGCへの参加者は、現在、世界はグローバル化のレベルがますます高まり、企業はより長期的な視野をもたなければならず、短期的な財務利益に注目するだけでなく、社会、環境、道徳の各方面で自身の長期的な価値を体現する必要があることを理解している。

 「中国企業家倶楽部」が昨年、GCに署名したことを歓迎する。同倶楽部のメンバーはそれぞれ自身の企業やコミュニティをグリーンな未来におけるパワーとし、リソースとするものと考える。代表団のすべてのメンバーが持続可能な発展の実現に向けた積極的な参加者・パートナーとなることを願う。

 潘事務総長はこのように述べた。

 中国企業家倶楽部は2006年12月に発足した団体で、メンバーは中国で最も影響力をもつビジネス界のリーダー、経済学者、外交官ら31人。今回の代表団を率いるのは聯想(レノボ)創業者の柳伝志氏で、今月6日から18日まで約2週間の日程で米国を訪問中だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年11月10日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古