2011年11月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:18 Nov 11 2011

TPPは日本に何をもたらすのか? (3)

 一点だけ確かなことがある。TPPの最も直接的且つ最大の受益者は米国だ。そして最大の被害者は日本だ。

 具体的にはまず、TPP参加国の農産物が大挙して日本市場に押し寄せるだろう。日本の農業は重大な打撃を受ける可能性がある。次に、ベトナムやフィリピンの安価な労働力が日本に流入し、日本経済はさらに逼迫、失業者も増えると思われる。さらに、日本の公的医療保険制度が崩壊し、過疎地の医療がおろそかにされる可能性がある。

 中国・韓国はいずれもTPP交渉への不参加を表明しており、日本の民族派からはうらやましがられている。米国からの圧力に直面する中、民族派の学者らはTPPおよびドル安のプレッシャーの中で日本の経済全体が壊滅的な被害をこうむるのではないかと心配している。

 上述のとおり、TPPで最も重要なポイントは、米国が創始したわけではないものの、米国に利用されていることだ。もし日本が参加しなければ、米国にとってあまり意義はない。もし日本が参加すれば、日本経済が重大な打撃を受け、さらに政治的にも大きな対立がもたらされる。我々はTPP交渉の発展を静観すべきだ。(文、「新民周刊」劉迪、編集SN)

 「人民網日本語版」2011年11月11日

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古