2011年11月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Nov 11 2011

米ヤム・ブランズの中国外食大手買収 商務部が承認

 米外食大手ヤム・ブランズは9日、中国式鍋料理チェーン大手「小肥羊」の買収計画を中国商務部が承認したと発表した。株主の承認が得られれば、「ケンタッキー・フライド・チキン」や「ピザハット」などファーストフードチェーンを手掛けるヤムが中国式鍋料理の分野に参入することになる。中国紙、北京晨報が伝えた。
 
 ヤムは7日、中国商務部の独占禁止法に基づく審査を通過、株主の承認決議などを前提条件とする「債務整理計画(スキーム・オブ・アレンジメント)」の方式で買収を実施する。同社は現在、小肥羊の株式約27.2%を保有しており、93.2%株の取得に向けて1株当たり現金6.5香港ドルでの買収を株主に提示している。買収後、小肥羊の張鋼・創業者兼主席と陳洪凱・非執行取締役が引き続き小肥羊の株主として経営を監督する。
  
 外資の中国大手企業買収をめぐっては、2009年に米コカ・コーラによる飲料大手「匯源果汁」の買収が審査で認められなかった例があり、ヤムによる今回の買収の審査結果が注目されていた。今回の買収は中国の飲食市場の独占になるとの見方もあり、先月26日には商務部が中国の独占禁止法に基づく審査の期間を60日延長するとしていた。
 
 買収計画の承認を受け、小肥羊(00968.HK)の株価は9日、15..9%高の6.37香港ドルで高値引けした。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年11月11日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古