2011年11月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:57 Nov 13 2011

対日輸出食品の合格率は90%以上

 国家品質監督検査検疫総局の蒲長城副局長は12日、第9回中国食品安全年次総会で、中国産食品の抜き取り安全検査合格率は一貫して90%以上で、欧州連合(EU)や日本向け輸出用食品の合格率も90%以上であることを明らかにした。中国新聞網が伝えた。

 現在、中国で食品生産許可証を取得済みの企業は12万社余り。蒲氏は「食品産業の全体的な発展水準はまだ高いとは言えず、安全面の問題も相当多い。産業発展の現状、信頼性を確保するシステムの構築、管理水準の向上、検査技術の一層の整備、法規・制度面のいずれにおいても、多くのウィークポイントが存在する」と指摘した。

 国家品質監督検査検疫総局は近年、生産許可制度と国家食品品質監督抜き取り検査制度を整備。安全でない食品の回収管理制度を研究・提出したほか、関係機関と共同でリスク監視・管理業務制度を構築した。蒲氏は「安全な食品は生産されるものであり、監督・管理ででき上がるものではない。食品生産企業は誠実性・信頼性、業界の自己規制を強化すべきだ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月13日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古