2011年11月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:20 Nov 14 2011

アップル、初代iPod nanoのリコールを開始

 米アップルは12日より、必要以上にバッテリーが発熱する問題について、世界範囲で初代iPod nanoのリコールを開始した。同社は無料で製品の交換に応じる。新華網が報じた。

 アップルは公式サイトで、極めて稀ではあるが、初代iPod nanoのバッテリーが必要以上に発熱し、安全にリスクが生じると発表した。2005年9月-2006年12月の間に販売されたiPod nanoが対象となる。

 アップルは、バッテリー問題の原因はそのサプライヤーにあり、生産されたバッテリーに製造面の欠陥があるとした。事故が生じる可能性は低いが、バッテリーの老化と共に危険性が高まるという。

 アップルは初代iPod nanoのユーザーに使用を停止し、小売店に行くか公式サイトで製品裏側のナンバーを記入し、リコール対象製品であるかを確認するよう呼びかけている。同社は消費者に対して、リコール製品受領後6週間で、新たな製品と取り替えると約束した。

 iPod nanoのバッテリー発熱問題は、目新しいニュースではない。日本経済産業省は2008年、同製品の同問題に関する60件以上の報告を受け、アップルを対象に調査を開始した。極端な状況下、同製品は自然発火の恐れがあり、ユーザーが軽度のやけどを被る場合があるとされた。昨年の8月、日本のあるユーザーのiPod nanoが電車内で発火し、通勤ラッシュ時の停車を招いた。

 アップルは2009年、2250万ドル(約17億5000万円)で同製品の集団訴訟と和解に至った。訴訟を起こした消費者は、同製品の表面に傷がつきやすいとしていたが、同社は消費者に対して同問題を隠蔽していた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年11月14日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古